calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

無料配送でお得にショッピング

その仕事、有能な「誰か」に外注しませんか?

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
カテゴリーニュース

no.1:水野竜生(画家) 『水野竜生展 HARMONY』

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
 夏真っ盛り、、皆さまいかがお過ごしでしょうか。画家・水野竜生恒例となりました、自身の名を冠しての個展、今年2013年は『水野竜生展 HARMONY』のお知らせです。

    富士、花、京都…。

 主題に対して、ご自身の中の「エモーショナルな部分と向き合った」と語る画伯。テーマと画家、画家と画家自身、作品と場、作品と鑑賞者…さまざまな関係性が枝葉を伸ばしゆく物語の奏でるハーモニーは、夏期休廊をはさんで、月内まだまだご堪能いただけます。〆

開催場所:ギャラリー桜の木 銀座
〒104−0061
東京都中央区銀座5-3-12 壱番舘ビルディング3F
TEL:03-3573-3313
FAX:03-3573-3315
午前11:00-午後7時 火・祝休廊

開催期間:8月3日(土)〜10日(土)、8月18日(日)―9月1日(日)
★8月11日(日)―17日(土)は夏期休廊です

アイ・イー企画のHPにて、一部作品がご覧いただけます。

no.1:水野竜生(画家) 『水野竜生展 vol.8 BEAUTIFUL SUNRISE〜太陽がいっぱい〜』

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
 芸術の秋、皆さまいかがお過ごしでしょうか。画家・水野竜生恒例となりました、自身の名を冠しての個展、第7弾 『水野竜生展 vol.8 BEAUTIFUL SUNRISE〜太陽がいっぱい〜』のお知らせです。

 「明ける空
  朝靄の空気にけぶる太陽
  光が地平線を照らしはじめるとき
  生命は天体と天体の大きな愛に抱かれる」  

 今回の展覧会に寄せて、水野画伯自身が寄せた言葉の塊は、そのまま、個展自体の問いかけのようであり、また同時に答えのようでもあります。常に新しい発見の輝きと向き合う水野竜生の“美しい陽光”に、思い切り抱かれ包まれてみませんか。〆

開催場所:ギャラリー桜の木 銀座
〒104−0061
東京都中央区銀座5-3-12 壱番舘ビルディング3F
TEL:03-3573-3313
FAX:03-3573-3315
午前11:00-午後7時 日・祝休廊

開催期間:10月6日(土)〜10月20日(土)

アイ・イー企画のHPにて、一部作品がご覧いただけます。

no.1:水野竜生(画家) 『水野竜生展 vol.7 ピースな風景』

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
  芸術の秋、皆さまいかがお過ごしでしょうか。画家・水野竜生恒例となりました、自身の名を冠しての個展、第7弾 『水野竜生展 vol.7 ピースな風景』のお知らせです。
 印象派に倣い、外光の下で描くことにこだわってきた水野先生。長年のテーマである「橋」、そして橋からの景色を描いた作品がお披露目となります。
 荒川や隅田川など、東京の原風景を描いた作品から、パリ、あるいは格別な思い入れの対象としてインスピレーションとなったイスタンブールまで、“ピースな風景”に心温まることでしょう。10年以上前の作品も並ぶ本展覧会、作品とともに、ピースフルな時間と向き合ってはいかがでしょう。〆

開催場所:ギャラリー桜の木 銀座
〒104−0061
東京都中央区銀座5-3-12 壱番舘ビルディング3F
TEL:03-3573-3313
FAX:03-3573-3315
午前11:00-午後7時 日・祝休廊
後援:トルコ共和国大使館

開催期間:11月12日(土)〜11月26日(土)
*初日11月12日(土) 15:00より作家来場レセプションパーティー

アイ・イー企画のHPにて、一部作品がご覧いただけます。

PR:“「いま」を先読みしたインタラクティヴな一冊”:『何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

通信コスト削減&ドメイン取得はこちらから

no.1:水野竜生(画家) 『水野竜生』展

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 2010年も残り少なくなってまいりました。画家・水野竜生恒例となりました、故郷・柏崎市での年末の個展のお知らせです。
 秋には、古い質屋を改装したギャラリーでの展覧会に、新たなインスピレーションを与えてくださった水野先生。たゆまず、常に新しいことにアンテナを張り、自分が興味あることにひたむきで忠実。「描き手」をしっかりと据えて、対象と距離を作らない主体性の明確な活動スタイルが、今後どのような作品を生み出していくのか、水野先生の、2010年の集大成であると同時に2011年の予兆とも言える展覧会となりそうです。〆

開催場所:ギャラリー十三代目 長兵衛
〒945–0065
新潟県柏崎市学校町 3−12

開催期間:2010年12月2日(木)〜12月12日(日)
午前10時〜午後5時(月曜休館/最終日は午後4時まで)

アイ・イー企画のHPにて、一部作品がご覧いただけます。

推薦図書です:『何のために生き、死ぬの?意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

通信コスト削減&ドメイン取得はこちらから

no.1:水野竜生(画家) 『水野竜生展 上海からタヒチへ』

 JUGEMテーマ:アート・デザイン

 画家・水野竜生氏、待望の秋の個展です。今回は 『水野竜生展 上海からタヒチへ』と題し、この秋オープンしたばかりのギャラリー根津七弥にご自身の代表作を寄せます。
 ギャラリー根津七弥は、古い蔵のある民家の趣を活かし日本家屋を改装した、非常に雰囲気の素晴らしいギャラリー。強烈な場の個性と、水野先生の作品が、どのような化学反応で楽しませてくれるか、こちらも大注目です。〆

開催場所:ギャラリー根津七弥 

東京都文京区根津2−33−1

TEL 03-5834-7423(ギャラリー根津七弥)

TEL 03-5834-7423(ペチコート・レーン)

営業時間 水曜日〜月曜日 12:00〜19:00

※展示最終日は16:00まで

千代田線根津駅 根津交差点方面改札口より徒歩5分

千代田線千駄木駅 団子坂方面改札口より徒歩9分


開催期間:2009年11月1日(月)〜14日(日) 12:00〜19:00(火曜日休)

アイ・イー企画のHPにて、一部作品がご覧いただけます。

推薦図書です:『何のために生き、死ぬの?意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

通信コスト削減&ドメイン取得はこちらから

no.1:水野竜生(画家) 『水野竜生個展 I Love You 花』展

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 画家・水野竜生氏、恒例夏のアート展のお知らせです。『I Love You 花』展と銘打たれた今回。あまりにストレートなタイトルゆえに、かえってその花への強い思いが純情に、あるいは赤裸々に垣間見られます。案内状にプリントされたカラフルでポップな作品は、モチーフへの“水野流Love”に満ちております。
 とびきり暑い夏、つかの間視覚の涼を求めて、足を運ばれてはいかがでしょう。〆

開催場所:銀座 ギャラリー桜の木
〒104−0061
東京都中央区銀座5-3-12 壱番舘ビルディング3F
TEL:03-3573-3313
FAX:03-3573-3315

開催期間:7月24日(土)〜8月7日(土)

アイ・イー企画のHPにて、一部作品がご覧いただけます。

推薦図書です:『何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

通信コスト削減&ドメイン取得はこちらから

no.1:水野竜生(画家) 『水野竜生展 甲骨文字画 人時代』展

JUGEMテーマ:ニュース

  画家・水野竜生氏、待望の個展です。今回は『水野竜生展 甲骨文字画 人時代』展。今年甲骨文字の面白さに虜になり、まさに命を削る想いでその奥深い世界の解明に全身で挑んできた水野先生の、2009年の集大成とも言える展示会となりそうです。

  「春に甲骨文字の故郷である殷墟を訪ねた。(中略)そしてそこの空気に大地と人を感じてきた。」

 そう語る先生の、これまでの画風と新たな境地との“水野流coexistence”を、是非とも目撃しましょう。〆

開催場所:ギャラリー十三代目 長兵衛
〒945–0065
新潟県柏崎市学校町 3−12

開催期間:2009年12月3日(木)〜12月13日(日)
午前10時〜午後5時(月曜休館/最終日は午後4時まで)
ギャラリートーク 5日(土) 午後2時〜3時
           12日(土) 午後2時〜3時  

アイ・イー企画のHPにて、一部作品がご覧いただけます。

推薦図書です:『何のために生き、死ぬの?意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

通信コスト削減&ドメイン取得はこちらから


no.1:水野竜生(画家) 『人の時代 HUMAN EPOCH』展

 画家・水野竜生氏、待望の個展です。題して『人の時代 HUMAN EPOCH』展。人間不在が叫ばれる昨今、国際舞台で活躍する氏は、世界の市井で生を営む人々をどう把握し、描き出したのでしょう。七夕を初日に開催するこの『人の時代 HUMAN EPOCH』展。彦星や織姫に会うように、前進を続ける水野ワールドとめぐり合うのはいかがでしょうか。〆

開催場所:銀座 ギャラリー桜の木

開催期間:7月7日(火)〜7月18日(土)

アイ・イー企画のHPにて、一部作品がご覧いただけます。

推薦図書です:『何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

no.1:水野竜生(画家) 年内の活動

 画家の水野竜生先生よりメッセージが寄せられました。現在上海におられる水野先生は、新しいインスピレーションを求め、取材として河南省安陽市の小屯へ殷時代の遺跡を訪ねるそうです。
 その関心と取材を生かした作品は、7月に予定されている展覧会でお披露目になりそうです。先生曰く「3200年前の殷代(商時代)と現代とのコラボレーション」とのこと。楽しみですね。なお、4月中旬には上海でのアートフェア(上海春季芸術サロン)に参加されるそうです。〆

「旅から、音楽から、映画から、体験から生死が見える。」 推薦図書:『何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

no.1:水野竜生(画家) 年内の活動

 秋は、上海とソウルのアートフェアに参加、と世界を舞台に活躍する画家・水野竜生氏から、年内の活動について案内が届きました。
 
水野竜生 展覧会
会期:2008年12/4(木)〜12/14(日)
場所:於・ギャラリー十三代目長兵衛(新潟県柏崎市)

 現在は故郷での展覧会のための準備に多忙を極める水野竜生氏の、2008年の集大成にご期待ください。〆

推薦図書:太田塁×近藤裕『何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

| 1/2PAGES | >>