calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

無料配送でお得にショッピング

その仕事、有能な「誰か」に外注しませんか?

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
カテゴリーニュース

no.6:世界地図(松岡功) カンボジア井戸報道について

 カンボジアでの井戸堀り活動について、NHKの報道に関しまして、「認定特定非営利活動法人 日本地雷処理を支援する会」より公式の見解が寄せられましたのでご報告いたします。今後とも、同活動へのご支援を、よろしくお願い申し上げます。〆

認定特定非営利活動法人 日本地雷処理を支援する会
理事長 野中 光男

拝啓
 厳寒の候、皆様にはご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。また、日ごろは心温まる御支援を頂き、厚く御礼申し上げます。

 昨年秋にNHKがカンボジアの井戸から砒素が検出され、被智者が多発しているとの報道がありました。それを真摯に受け止めまして アイ・イー企画様に御支援頂きましたカンボジア王国バッタンバン州カムリエン郡タサエンコミューンにおける「カンボジア西部における住民参加型地雷処理事業」に付随しました地域開発活動の一環であります井戸に関しまして、JMASカンボジア現地事務所が、RDI(Resource Development International Cambodia/本部カンボジア王国カンダール州)に依頼をして、有事物質である砒素の水質検査を実施致しました。
 RDIの検査結具報告(2009.1.11)によりますと、砒素の濃度はカンボジア国内規準を満たしており、問題がないと認められました。RDIから発行されました検査証明書は、現地語にて各井戸の管理者に手渡しました。
 御寄贈頂きました井戸の建設により、かつては遠方まで水を汲みに行くしかなかった住民の生活が日々向上し、病気に罹る人も減少し、とても喜ばれています。そして今後も、この井戸が住民自らの自発的な管理により末永く使用できるように、地域住民そして地方行政機関と連携していく所存であります。
 井戸の御寄贈と日頃の御支援に感謝を申し上げますとともに、今後とも「日本地雷処理を支援する会」に対する御理解・御支援・御協力の程よろしくお願い申し上げます。
                              敬具

推薦図書:太田塁×近藤裕『何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック