calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

無料配送でお得にショッピング

その仕事、有能な「誰か」に外注しませんか?

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
カテゴリーニュース

映画『レオニー』 (松井久子監督第三作、主演/エミリー・モーティマー、中村獅童)、完成披露試写会。

JUGEMテーマ:映画

 さる2010年4月3日(土)、東京都港区の草月会館にて、 『レオニー』の完成披露試写会が行われ、サポーターとしてご案内・ご招待いただきました。
 当社の文化活動支援の一環として、また監督の熱意とメッセージに深く共感するものとして、『ユキエ』、『折り梅』などで知られる松井久子監督の 第三作、イサム・ノグチの母・レオニーの生き様を描いた映画『レオニー』(主演:エミリー・モーティマー/ウディ・アレン監督「マッチポイント」ほか、中村獅童、竹下景子ほか)のサポーターの末席に加えさせていただき、応援を続けさせていただきました。
 同作と監督を応援するサポーター『マイレオニー』も設立5年、そのサポー ター数は全国に3000人を超えるまでに成長。
 構想から7年の歳月を経てようやく完成した作品に、当日は全国からサポーターが駆けつけ、その愛すべき「吾が子」を愛おしむ時間に浸りました。
 世界を魅了する彫刻家イサム・ノグチの母・レオニーの生き様を、イサムの父であるヨネ(野口米次郎)との関係で追いかけた本作。ここに描かれるレオニーの持つ、“強い女性”というよりは“メッセージとヴィジョンを持った一人の「人間」”としての魅力は、年齢や性別を問わず、多くの人の共感を呼ぶことでしょう。
 同作品は、日米合作で日本人がメガホンを取った初めての作品であり、また同じく、女性が監督を務めたのも初めての作品として、映画史の面からも非常に意義深い、重要な作品となっております。
 当日舞台挨拶では、はやくも今秋、角川映画での配給により全国ロードショーも決定するというさい先の良い速報も。作品に対する期待度と注目度の高さが、このスピーディな配給先決定へとつながったと言って過言でないでしょう。
 サポーターへのお披露目も終わり、今度はさらなるサポーター・ファンを増やしながら、やがて今度は秋風薫る頃、全国ロードショーで、この感動を日本全国、果ては世界まで広げるべく、当社も引き続き、 微力ながら精一杯応援してまいりたいと思います。皆様のご支援も、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。〆

『レオニー』を応援する“マイレオニー”公式サイトはこちらです。

推薦図書です:『何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅』(地湧社)。推薦文に帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

通信コスト削減&ドメイン取得はこちらから