calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

無料配送でお得にショッピング

その仕事、有能な「誰か」に外注しませんか?

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
カテゴリーニュース

no.3:太田 塁(文筆家) 著作が推薦図書に選出。

 太田塁氏と近藤裕氏の共著『何のために生き、死ぬの?−意味を探る旅』(地湧社)が、出版社24社からなるヤングアダルト出版会によって、お馴染みの冊子『朝の読書』の青少年版『13歳からの読書 YA(ヤングアダルト)朝の読書2008年度版』に、180冊のうちの1冊として推薦図書に選出されました。〆
 
■同冊子の趣旨はコチラでチェックできます(ただし2006年度時点)。

太田塁×近藤裕『何のために生き、死ぬの? 意味を探る旅』(地湧社)

出版社からの内容紹介
異文化コミュニケーション、沖縄ブーム、IT社会、心身の健康、生と死、愛、スピリチュアリティと、多様にして普遍的なテーマに、およそ半世紀分の年齢差のある著者二人が対峙。各章の合間には、心の問題に取り組む二人らしい、ダイアローグを挿入。回答を提示するというよりも、読者に問いかけ、また読者の反応をもって著者二人も自問することで、読み手と書き手のインタラクティビティの喚起を企図した"現代の赤本"的一冊。薦薦文には帯津良一・帯津三敬病院名誉院長。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック